厚生労働省は8月12日、抗凝固薬のダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩(商品名プラザキサ)について、製造販売元の日本ベーリンガーインゲルハイムに対し、添付文書の改訂と、医療従事者への安全性情報(ブルーレター)の配布を指示した。

プラザキサによる重篤な出血でブルーレターの画像

ログインして全文を読む