厚生労働省は6月16日、バルプロ酸ナトリウムを主成分とする協和発酵キリンのデパケン(デパケン錠100、同錠200、デパケン細粒20%、同細粒40%、デパケンR錠100、同R錠200、デパケンシロップ5%)と、興和のセレニカR(セレニカR顆粒40%、セレニカR錠200mg、セレニカR錠400mg)について、「片頭痛発作の発症抑制」の追加適応を承認した。

ログインして全文を読む