厚生労働科学研究「薬剤師需給動向の予測に関する研究」(研究代表者:望月正隆)の2010年度総括研究報告書が、このほどまとめられた。報告書では、現時点で薬局薬剤師は必要数を充足している一方で、都市部への集中など地域偏在が認められると分析している。

ログインして全文を読む