フランスの医薬品規制当局である保健製品衛生安全庁(Afssaps)は6月9日、ピオグリタゾン塩酸塩(商品名アクトス錠、アクトスOD錠)と、その配合剤(メタクト配合錠、ソニアス配合錠)について、使用患者の膀胱癌リスクが高まる恐れがあるとして、新規処方をしないよう通達した。また、現在服用している患者に対しては、服用を自らの判断で中止せず、主治医と相談するよう勧告した。

ログインして全文を読む