厚生労働省は8日、中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬改定結果検証部会で、「後発医薬品の使用状況調査」の速報値を報告した。2010年の初めから伸びていた数量ベースでの後発品調剤率が、夏ごろから伸び止まっていることが明らかとなった。

ログインして全文を読む