日本薬剤師会(児玉孝会長)は11月12日の定例記者会見で、薬局が発行するポイントカードを利用して、保険調剤の一部負担金の支払い分をポイント付与の対象とすることについて、「保険薬局の本来業務を考えれば不適切なサービス行為である」との見解を示した。

ログインして全文を読む