くすりの適正使用協議会(大橋勇郎会長)は、20〜60歳代の一般男女計1500人を対象に、医療や医薬品に関する意識変化をインターネットを用いて調査し、このほど結果を公表した。

ログインして全文を読む