「使用期限切れの麻薬と名称変更に伴う経過措置切れの薬を合わせると全廃棄金額の3分の1に達する。両方合わせて、日本全体で年間28億円の薬が捨てられている計算だ」――。10月10日に長野市で開催された第43回日本薬剤師会学術大会のポスターセッションで、ダイチクにいがた調剤薬局の小林寿氏らは、自社の廃棄薬の実態を集計・分析して報告した。

名称変更が招く薬の廃棄に疑問の画像

ログインして全文を読む