厚生労働省は10日、潰瘍性大腸炎の治療薬であるサラゾスルファピリジン(商品名:サラゾピリンほか)の添付文書改訂を指示した。同剤の添付文書には、近く、投与前と投与中の血液学的検査や肝機能検査について、検査を実施すべきタイミングなどが明記されることとなる。

ログインして全文を読む