8割以上の家庭で余った処方薬を捨てずに保存しており、約6割の家庭で余った薬を自己判断で家族間や知人など処方された本人以外に使い回している――。病院検索サイトなどを運営するQLife(東京都世田谷区)と、薬剤師を対象とした調査などを行うネグジット総研(神戸市中央区)がこのほど共同で行った『処方薬の「家庭内保存」と「個人間譲渡」実態調査』で、そんな残薬の取り扱いに関する実態が明らかになった。

ログインして全文を読む