日本薬剤師会副会長の山本信夫氏は6月13日の午後、日本ジェネリック医薬品学会第4回学術大会で開催されたシンポジウム「後発品使用促進、最後の大仕掛け〜2010年度診療報酬改定後の状況〜」に登場した。同氏は、昨年10月下旬まで中央社会保険医療協議会の委員を務めた経験を基に、今回の改定の舞台裏や次期改定の見通しについて語った。

ログインして全文を読む