薬学教育6年制のスタートに伴って2009年から始まった、薬学共用試験(CBT〔Computer-based Testing〕、OSCE〔Objective Structured Clinical Examination〕)の合格率がいずれも99%を超えていたことがこのほどわかった。

ログインして全文を読む