政府の行政刷新会議(議長:鳩山由紀夫氏)は4月23日と26〜28日の計4日間、47の独立行政法人を対象とした事業仕分けを実施した。昨年11月に続く第2弾の前半となる本日程では、医薬関連の3法人が仕分けの対象となったが、事業規模の拡大を行うべきと判定された法人があった一方、縮小すべきと判定された法人もあり、明暗の分かれる結果となった。

ログインして全文を読む