「地盤である東海地区の消費低迷に加え、昨年12月以降に期待していた風邪薬や花粉症関連商品の売り上げも極めて不振だった」――。調剤併設型ドラッグストアー「スギ薬局」を傘下に持つスギホールディングス会長の杉浦広一氏は、20日の決算説明会の冒頭、力なく語った。

ログインして全文を読む