中央社会保険医療協議会(中医協)は2月5日、2010年度調剤報酬改定に関する算定要件について議論した。今回は、2月3日に行われた中医協での議論で結論が出なかった、(1)後発品への変更時に、処方医へ確認することなく類似した別剤形への変更が可能になるが、外用剤はその対象に含めるか、(2)後発医薬品調剤体制加算の算定要件として、後発品の割合を数量ベースで計算する際、「先発品よりも薬価の高い後発品」を計算から除外するかどうか──といった2点について主に話し合われた。

外用剤の代替調剤は別剤形への変更不可にの画像

ログインして全文を読む