「資格とキャリアに関する薬剤師の意識調査」では、「将来なりたい薬剤師像」について、「独立して開局する」「管理者になる」など九つの選択肢を示して尋ねた。すると将来は、「地域の医療職と連携しながら地域医療や在宅医療の担い手になりたい」と考えている薬剤師が一番多いという結果が得られた(表1)。

所属によって「なりたい薬剤師像」に差もの画像

ログインして全文を読む