薬学教育協議会がまとめた「薬科大学卒業生・大学院修了者就職動向調査の集計報告」で、2009年3月の薬系大学卒業者の薬局就職率は32.7%と過去最高であることが明らかになった。同調査は、全国の国公立私立大学薬学部(薬学科)62校からの回答をまとめたもの。2009年3月の全国の薬科大学・薬学部の卒業生は1万693人(昨年比584人増)で、このうち就職したのは68.1%の7282人だった。

ログインして全文を読む