医薬品医療機器総合機構はこのほど、医療関係者に対して行った「健康被害救済制度に関する認知度調査」の結果を公表した。制度自体の認知度は高かったものの、救済給付が受けられる範囲や請求期限などの詳細については、あまり知られていない実態が明らかになった。

ログインして全文を読む