厚生労働省の研究班はこのほど、インフルエンザ脳症の診断と治療に関するガイドラインを4年ぶりに改訂した。改訂版には、インフルエンザ脳症が疑われる症状や初期対応が詳しく記載されており、発症初期の見逃しの防止を強く意識した内容となっている。薬局でも、小児インフルエンザ患者の保護者に、脳症の早期発見を促すための指導に使えそうだ。

ログインして全文を読む