社会保険診療報酬支払基金(以下、支払基金)は9月15日、ウェブサイト上で、適応外処方であってもレセプト審査上認めるとする33事例を公表した。これらの事例は、支払基金の各支部間であいまいな保険審査基準を整理し、審査の透明性を高める目的で支払基金が設置した、「審査情報提供検討委員会」の検討に基づくもの。

ログインして全文を読む