インターネットなどでOTC薬や健康食品などを販売しているケンコーコムは9月1日、今年の6月1日から施行された新たな薬事法を薬局がどれだけ遵守しているかどうかを調べる、覆面調査の結果を発表した。調査では、複数の薬局が新たな薬事法を遵守せず、郵送やネットによる販売や、薬剤師ではない店員による第1類医薬品の販売が行われていることが明らかになった。その上でケンコーコムは、新薬事法の求めている「対面によるOTC薬の販売」が現場では形骸化しており、薬事法の改正は「改悪」であるとした。

ログインして全文を読む