厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)は8月27日、去痰剤のレバミピド(商品名:ムコスタほか)やアレルギー点眼剤のトラニラスト(リザベン点眼液)など8成分について、医療用医薬品からOTC薬への転用(スイッチOTC化)が適当だと了承した(表)。同日付で厚労省は日本製薬団体連合会に対し、8成分のOTC薬開発を促すように求める通知を発出した。

ログインして全文を読む