厚生労働省は8月21日、「医薬品の安全対策等における医療関係データベースの活用方策に関する懇談会」の第1回会合を開いた。レセプトデータや電子カルテなどの診療データを、医薬品の安全対策に生かす方法について議論を重ね、1年後をめどに提言をまとめる予定だ。

ログインして全文を読む