ドラッグストア最大手のマツモトキヨシホールディングスとコンビニエンスストア2位のローソンが8月24日、業務提携を行うことで合意、発表した。今年度中にも合弁会社を設立し、2010年には1号店を出店する見込みだ。新店舗では、コンビニの品揃えに加えてドラッグストアの一般用医薬品や化粧品を扱い、場所によっては調剤薬局も併設する。

「マツキヨ&ローソンで日本版ウォルグリーンを目指す」の画像

ログインして全文を読む