厚生労働省は6月22日、「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」の第2回会合を開催した。今回は、厚労省が処方せんの記載方法を規定する法令を整理。また、3人の委員が処方せんの記載方法に関する問題点や変更時の課題を述べ、今後の議論のポイントを話し合った。

処方せん見直し「1回量の追記で十分」の意見もの画像

ログインして全文を読む