政府の規制改革会議は6月17日、厚生労働省の医薬食品局長などを招き、OTC薬の通信販売規制の是非を問う公開討論を行った。主な論点は、通販規制の根拠となった対面販売の優位性。この議論の中で、配置薬販売業者であっても顧客からの相談応需は、対面で行わなくてはならないことが明らかになった。

ログインして全文を読む