厚生労働省の薬事・食品審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(座長:独協医大特任教授・松本和則氏)は6月16日、タミフル(一般名:リン酸オセルタミビル)の服用と異常行動・突然死との関係につい検討結果をまとめた。10歳代小児への、タミフル投与の原則差し控えを継続するのは適当―という内容だ。

ログインして全文を読む