日本病院薬剤師会(日病薬)は5月22日、インフルエンザ治療薬のタミフル(一般名:オセルタミビルリン酸塩)について、カプセル剤を散剤として調剤する際の留意点などを会員薬剤師に通知した。新型インフルエンザの発生地域において、タミフルのドライシロップ(DS)製剤が不足することを想定した措置。

ログインして全文を読む