大日本住友製薬は5月20日、経口血糖降下薬「メルビン錠250mg」(一般名メトホルミン)の「効果・効能」および「用法・用量」について、一部変更承認を同日付で取得したと発表した。これまでの「SU剤が効果不十分な場合」といった制限がなくなり、2型糖尿病の第1選択薬として本剤単独での処方が可能になった。

ログインして全文を読む