「今回の決算のイメージは、雷鳴とどろく大嵐。そこから抜け出すには、事業の分割や合併、そしてコストの削減が必要。そのためには人件費に切り込まざるを得ない」──。医薬品卸最大手、メディセオ・パルタックホールディングス社長の熊倉貞武氏は、5月18日の決算説明会でこう語った。

大幅減益になった医薬品卸大手の決算の画像

ログインして全文を読む