5月11日に沢井製薬が、5月14日に東和薬品が、それぞれ2008年度の業績を発表し、大手後発品メーカーの決算が出そろった。2008年4月実施の調剤報酬改定で、後発品の使用促進策が盛り込まれたことなどを受けて、各社とも売上高を10%以上伸ばず好調な内容となっている。

ログインして全文を読む