抗コリン剤のチキジウム臭化物(医療用医薬品の商品名:チアトンほか)を配合したOTC薬が、スイッチ化承認から3年を経てようやく発売された。このOTC薬は鎮痛胃腸薬の「ストパン」(大正製薬)で、1カプセル中にチキジウム臭化物を5mg含有する単味剤だ。チキジウム臭化物は1998年7月にOTC薬用成分への転換(スイッチOTC化)が申請され、2006年2月に承認。2007年3月に厚生労働省が告示した第一類医薬品の指定成分にもなっていたが、配合OTC薬は長らく発売されないままだった。

ログインして全文を読む