新たに医療用成分をスイッチしたジクロフェナクナトリウムを有効成分とする消炎鎮痛剤が相次いで発売される。外用消炎鎮痛剤の市場は約741億円で、OTC医薬品市場で総合感冒薬に次ぐ第2位の規模ながら、14年間新しい成分が発売されていなかった。

ログインして全文を読む