調剤薬局大手の日本調剤は4月から、後発医薬品普及のための新たな取り組みを全店舗で開始した。処方薬に関する後発品の有無の情報提供や、後発品に変更することでどの程度薬剤費が安くなるか試算を行う相談サービスを実施。このほか、「ジェネリック医薬品お願いカード」を常備し、患者が医師や医療機関に後発品への変更を依頼しやすくした。

ログインして全文を読む