処方せん受付回数に占める後発医薬品調剤の割合が40%近くに達するサンエイ薬局。隣接する病院の処方せんが、ほぼすべて「後発品への変更不可」欄に署名がない、つまり変更可となっていることが大きな要因だが、もちろん薬局側の働き掛けもそれに寄与している。欠品が出ないように後発品の在庫を管理し、先発品からの切り替えに際しては患者との十分なコミュニケーションを図るなど、管理薬剤師の谷直子氏と後発品担当の福永雅子氏は努力を続けている。

情報提供力など後発品メーカーの信頼度を最優先の画像

ログインして全文を読む