日本医療機能評価機構は4月1日、薬局で発生したり、発見された「ヒヤリ・ハット事例」を集め、原因分析を行う「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」を開始した。調剤ミスのほか、医師の処方ミスや、医薬品販売に関連したヒヤリ・ハット事例も対象となる。薬局用の事例収集ホームページを通して参加登録や事例報告を受け付けており、事業への協力を広く呼びかけている。

ログインして全文を読む