日本薬学会は3月26〜28日、第129年会を京都市で開催した。創薬科学と臨床薬学の伝統を踏まえながら革新を目指す「創と療の伝統と革新」をテーマに、創薬分野ばかりでなく臨床薬学分野のシンポジウムも充実させた。

ログインして全文を読む