日本アンチ・ドーピング機構(JADA)はこのほど、公認スポーツファーマシスト認定講習の募集要項を公表した。公認スポーツファーマシストは、スポーツ選手を含めた一般の人に対し、ドーピング防止に関する適切な情報を提供する薬剤師の養成を目的に設置された新しい認定資格。所定の講習を受講した後、来年3月に実施される知識到達度確認試験に合格した薬剤師に対し、認定証が発行される。初年度の募集人数は500人。

ログインして全文を読む