2009年6月の改正薬事法の全面施行によってスーパーやホームセンターなどがOTC薬販売に進出することが確実視されているが、それを受けて立つ側のドラッグストアチェーンの多くは、情報提供や相談機能の強化や調剤部門の強化に生き残りをかける意向であることが、矢野経済研究所が実施した「ドラッグチェーンに関する調査結果2008」で明らかになった。

ログインして全文を読む