2月13日、文部科学省の「薬学系人材養成の在り方に関する検討会」(座長:永井良三東京大学医学部循環器内科教授)の第1回会合が開催された。この検討会は、薬学系大学院の在り方や、薬学系研究者養成の在り方、臨床教育の充実と評価の在り方、薬剤師の養成数の在り方などを議論するために設置されたもの。今後2年をかけて議論を進めていくが、2009年4月には6年制薬学部を持つ大学による大学院設置申請が始まるため、それまでに4回の議論を行い、一定の方向性を示す方針だ。

文科省「薬学系人材養成の在り方検討会」が第1回会合の画像

ログインして全文を読む