文部科学省は2月12日、「薬学系人材養成の在り方に関する検討会」を設置し、同月13日に初会合を開くことを明らかにした。2006年に薬学教育6年制がスタートする一方、2003年以降に新設薬科大学・薬学部が急増するなど薬学教育をめぐる環境が大きく変化した状況を受けて、薬学教育の内容や教員組織の在り方などを検討していく。

ログインして全文を読む