市場調査大手の矢野経済研究所は2月10日、健康食品メーカーや一般食品・製薬メーカーなど約100社を調査し、健康食品の市場概況や流通チャネル別、素材別の動向などを取りまとめた。健康に関する機能性を訴求した食品のうち、錠剤やカプセル剤、粉末などの形状をした「健康食品」の2007年度の市場は6791億円(出荷ベース)であり、前年度比1.5%の縮小となった。

ログインして全文を読む