50〜70歳代の94.4%が白内障を、88.9%が緑内障を知識として知っているのに対し、糖尿病網膜症は58.1%、加齢黄斑変性症は31.3%にとどまり、失明の危険性がある疾患の認知率には大きな差があることがわかった。

ログインして全文を読む