約7割の患者が、処方された薬を飲みきれずに余らせてしまった経験を持つことが明らかになった。これは、ファイザーが2008年11月に全国47都道府県の200人ずつ、合計9400人を対象にインターネットで調査した結果。

ログインして全文を読む