市場調査大手の富士経済はこのほど、ジェネリック医薬品市場が2010年には3597億円へと拡大するとの調査結果をまとめた。2007年の市場(3062億円)と比べ、17.5%の伸びが見込めるという。同調査では、2010年における医療用医薬品市場を6兆8929億円と予測しており、医療用医薬品に占めるジェネリック医薬品の割合は5.2%となる。

ログインして全文を読む