12月13日、日本小児アレルギー学会が監修した『家族と専門医が一緒に作った 小児ぜんそくハンドブック2008』が発行になった。これは患者側の視点で構成した、喘息患児やその家族向けのガイドラインと位置付けられるもの。公募で選考された患者団体の代表4人が主に執筆を担当し、その内容を専門医6人がチェックする形でまとまった。

患者家族と専門医による一般向け喘息ガイドラインの画像

ログインして全文を読む