後発医薬品に変更可能な処方せんを受け付けた際、常に後発品について説明している薬局薬剤師は14%にすぎず、患者から尋ねられた場合に説明するという薬剤師が半数を超える──。後発品メーカーの沢井製薬が実施した調査から、こんな実態が明らかになった。

ログインして全文を読む