タミフル(一般名;リン酸オセルタミビル)の使用と小児インフルエンザ患者の異常行動の因果関係を否定した厚生労働省研究班の中間報告をめぐり、12月4日に都内で開かれた日本臨床薬理学会年会のシンポジウムでは、解析方法に問題があるため正確な結果が得られていないとする認識で専門家の意見が一致した。

ログインして全文を読む