2008年10月に製造販売が承認された世界初の抗線維化剤ピレスパ(一般名:ピルフェニドン)の治験では全症例(265例)の51.7%(137例)に光線過敏症が見られたが、サンスクリーン剤の塗布など光暴露に対する防護を徹底すれば、そのリスクは減少し、大半は服薬継続が可能であることがわかった。

ログインして全文を読む