沢井製薬は11月27日から、同社が製造・販売する胃炎・胃潰瘍治療薬「セフタック細粒10%」(一般名:テプレノン)について、一部ロットの自主回収を開始した。製品の1包に異物が混入しているとの連絡を受けて確認した結果、異物が0.03mm×5mmの人毛であることが判明したため。同じロットの製剤を自主回収する。この件に起因する有害事象発生の報告はない。

ログインして全文を読む